害虫駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 害虫駆除あれこれ- 涼しくなっても虫が出る?室内の害虫対策について

涼しくなっても虫が出る?室内の害虫対策について

暖を求めて侵入します

秋口に入り、これから徐々に冬に向けて過ごしやすくなりますね。一方、そんな季節でも害虫はいなくなりません。害虫は種類によってはこれから増えてくることも多いので、早いうちから対策を行おこなっていきましょう。
これから増える虫といえばカメムシです。カメムシは秋になると、寒さから逃れるために暖の取れる室内に侵入してくることがあります。カメムシは数ミリもの隙間があれば室内に侵入してきます。気づかぬうちに入り込んだカメムシが衣類やカーテンなどにとまると、臭いがついてしまいます。もし室内に侵入したカメムシを駆除する場合、市販の殺虫スプレーを使用することも良いですが、健康のことを考えるとあまり薬剤を使用したくないですね。殺虫スプレーを使用しない場合は、なるべく驚かせないようにそっとティッシュペーパーに包んで捕獲後、ビニール袋などに入れて密閉する方法が手軽にカメムシを駆除できます。またガムテープで捕まえて折りたたむ方法も効果的です。

ハエを捕まえる方法は?

ハエは走光性という習性を持っています。すでに室内に侵入している場合は、室内の電気を消して窓を開けると自然と外に向かって飛んでいきます。しかし、この方法は日中のみ行える方法です。カメムシ同様に市販の殺虫剤を使用することもできますが、素早く動くのでハエを駆除するまで時間がかかってしまいます。散布時間が増えるので、健康面での不安を感じますね。
実はハエは強風に身を晒されると、風から身を守ることを優先し動かなくなります。この習性を利用して、ドライヤーの冷風を当てながらハエ叩きで叩く、もしくは掃除機で吸えば簡単にハエを駆除できるそうです。またペットボトルに酢、酒、砂糖を混ぜた液を注ぎ、上部側面にハエの出入り口用に穴をあけると置き型のハエ取りになります。即効性はありませんが、置いておくだけなのでハエ対策にもなって手軽に試すことができますね。

侵入されないためには

虫に侵入されないためには対策が必要です。窓は開けたままにしないように気を付けましょう。カメムシ対策には唐辛子やミント系の香りが有効です。庭に植えると匂いを嫌い近寄らなくなります。また、ハーブ系の香りのスプレーを衣類やカーテンに散布するのも虫全般に効果的です。薬品ではないので安心して使えますね。ハエ・カメムシ対策に効果のあるハーブは数種類ありますので、用途に合わせて組み合わせることもできます。使用する場合、香油は薄めて使用するので体に付着しても問題ないですが、体に合わない方もいますので使用には注意しましょう。素材によっては散布跡が残る場合もあるので、必ず目立たない場所で確かめてから使用しましょう。
また、ハエは生ゴミの臭いを好みます。ゴミを放置せずにしっかり処理することがハエ対策のカギとなります。

害虫駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害虫駆除navi

害虫駆除navi

サイト名 害虫駆除navi
URL http://gaityuu-navi.jp/
TEL 0120-949-186
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害虫駆除のあれこれ

ページの先頭へ