害虫駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 害虫駆除あれこれ- 外部からの害虫侵入を防ぐ方法

外部からの害虫侵入を防ぐ方法

家の中に虫を入れないことが大切です

夏になるに従って昆虫類は活発になるので、家の中で虫が見かけられる事も多くなりますが、出来れば見たくないのが人情というものです。しかし、きちんと掃除していてもどうしても害虫を見るという場合は家の外から害虫が入り込んでいることが考えられます。
これら、外から入り込んでくる小さい虫への対処を行なうには、いくつか気をつけるべき点があります。
家の中に虫が出て困っている方は、これからご紹介する方法をご確認ください。

隙間を作らない

害虫類は概ね小さい虫なので、ちょっとした隙間があれば入り込んできます。 有名なのは窓を開けた時の隙間、特に窓の左側を開けた時の隙間です。日本で使われている窓の多くは、左側の窓が奥に、右側の窓が手前に取り付けられていることが多いですが、右側の窓を開くと、きちんとサッシに取り付けられたスペーサーにより、隙間が出来ないように出来ています。しかし右側を空けるとこのスペーサーが用をなさず、窓に隙間ができてしまう場合があり、害虫類の侵入を許してしまうことがあるのです。
窓の取り付けの向きをよく見て、スペーサーがついている方を開くのも大切です。
また、玄関ドア等に隙間がある場合、隙間テープなどを利用することで隙間を塞ぎ、害虫類を侵入させない対策も必要です。特にゴキブリ対策としてよく用いられています。ゴキブリは体が大きい割に小さい隙間を通り抜けられるので、ちょっとした隙間でも油断は禁物です。隙間テープを使うことで害虫対策を行なうと同時に、隙間風の防止などにも効果がありますので、その点考えて使われてはいかがでしょうか。

殺虫剤を使う

噴霧式の殺虫剤というと、害虫が目の前に現れた時に使うものだと思いがちですが、実は害虫予防にも効果的です。害虫がよく出現する場所や、入り込んでくる出入り口の当たりに予め噴霧しておくことで、害虫の忌避効果を発揮する場合があります。最近はそういった効能をうたった殺虫剤も多いので、用途に寄って使い分けるのも良いかもしれません。ゴキブリのように狭い場所に入り込む害虫に対しても、ゴキブリ対策として、入り込みそうな場所に予め噴霧しておくこともおすすめです。この方法は特に地面を這い回るような害虫に対して共通して効果を発揮します。ムカデや、ヤスデ、ゴキブリなどでお困りの方は試してみるのも良いかもしれません。

害虫駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害虫駆除navi

害虫駆除navi

サイト名 害虫駆除navi
URL http://gaityuu-navi.jp/
TEL 0120-949-186
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害虫駆除のあれこれ

ページの先頭へ