害虫駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 害虫駆除あれこれ- 衣替えの時期はダニに要注意

衣替えの時期はダニに要注意

衣替えをした後にかゆみを感じたら

衣替えの季節になると、タンスにずっとしまってあった衣服を取り出すことも多いかと思います。洋服ダンスから出した服をそのまま着てしまうと体がかゆくなることがありますが、それは実はダニによる被害ですので気をつけましょう。
服を収納しているタンスや箱の中はダニが繁殖しやすい場所ですので、衣替えでそれを取り出した時にアレルギーを起こすハウスダストとして舞い上がってしまうこともありますし、着ることでダニなどによってアレルギー症状を出すこともあるのです。
特に秋の衣替えの時期にはダニの子供が生まれますし、夏の高い湿度によってその数が増えている場合が多いですので特に気をつけないといけません。アレルギー体質の人はアレルギー反応が出やすいので特に注意です。
今回は、こうしたことを起こす前にダニ対策やダニ駆除などをどのようにしたら良いのかをご説明します。せっかくの衣替えでかゆい思いをしないように注意しましょう。

効果が薄いダニ対策

ダニ退治は意外と難しいことです。ダニ駆除というと掃除機がけや天日干しなどが思い浮かぶかもしれませんが、実はこうしたダニ対策があまり効果がないことをご存知でしょうか。
まずは天日干しについてです。全く効果がない訳ではありませんが、天日干しで上昇する温度ではなかなかダニ駆除をすることができないのです。衣服の繊維の中に潜り込まれるとよりダニ駆除が難しくなります。
掃除機も、衣服の繊維の中に逃げ込まれてしまいますので効果が薄いです。他には洗濯をすれば良いというのもありますが、ダニの成虫は水に1日つけても生きていますので大きな効果は期待できません。
衣服の汚れを払うように叩くというのも効果が薄いですし、こちらの場合は汚れを浮き出させてしまうためにハウスダストを発生させる原因にもなりえます。

効果的なダニ対策

より効果があるのは、洗濯をしてから熱してあげる方法です。天日干しをした後などにアイロンを使ってあげると確かなダニ退治ができるかと思います。
アイロンが難しい場合は、高温のスチーム処理でスチーム熱を当ててあげることでもダニを死滅させることができます。
コインランドリーの乾燥機を利用することでもダニ退治が可能です。一般家庭用の乾燥機では高温を出せない場合がありますが、コインランドリーの場合は70度近い温度で乾燥させますので高い効果が見込めます。
またどうしても空気中にホコリやダニの死骸などが舞ってしまいますので、衣替えが終わったらしっかりと掃除機でハウスダスト対策をしましょう。
ここまでやることでダニ対策をしっかりとした衣替えが終わるのです。

害虫駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害虫駆除navi

害虫駆除navi

サイト名 害虫駆除navi
URL http://gaityuu-navi.jp/
TEL 0120-949-186
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害虫駆除のあれこれ

ページの先頭へ