害虫駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 害虫駆除あれこれ- カイガラムシの駆除と予防について

カイガラムシの駆除と予防について

お庭の木々に謎の虫出現

ある日庭木の手入れをしようとしたら、葉っぱの上に変な物。パッと見ても何か分からず、調べてみたら【カイガラムシ】という耳慣れない名前。 カイガラムシは私達が普段悩まされているゴキブリやムカデとは明らかに見た目が違います。ここではご自宅でのカイガラムシ退治の方法とカイガラムシの予防の方法について見ていきたいと思います。

被害状況

カイガラムシに寄生された植物の特徴はいくつかあります。特に動き回らない種類のカイガラムシの場合、葉や枝表面にいくつもの斑点状にカイガラムシがくっついている状況になります。この際、体の表面には名前の由来となっている貝殻状の組織を作るため、カイガラムシは駆除剤が効きにくい害虫として知られています。また、葉の表面がテカテカ・ベタベタしている場合、これらの寄生害虫の排泄物によるものの恐れがあります。これらは後に「すす病」という病j機のもとになるため、早めにカイガラムシの駆除が必要になります。この害虫が変わっているのは、メス成虫だけいればオスがいなくても繁殖が可能なことです。そのため、一度発生すると中々厄介なことになりますので、ご注意ください。

カイガラムシの駆除方法

カイガラムシの駆除を行なう場合、一つ注意点があります。殻を被った成虫のカイガラムシには、駆除剤が効きにくいのです。そこで駆除方法としては、幼虫の時期に駆除する方法と、成虫になったものを物理的にこすり落とす方法で行います。

・カイガラムシ幼虫の駆除方法
カイガラムシの幼虫は、成虫と異なり大変薬剤に弱い状況です。この状況であれば水和剤や乳剤タイプのカイガラムシ駆除剤を散布することで、駆除することが可能です。時期的には5月から7月頃に幼虫が表れますから、その時期に月2回から3回程度散布を行なうことで、カイガラムシを一網打尽にすることが可能です。

・成虫の駆除方法
成虫になったカイガラムシの駆除は少々厄介ですが、物理的な方法が効果が高い場合があります。歯ブラシなどを使い、葉や茎を傷つけないようにしてそっとカイガラムシをこすり落としていきます。面倒ではありますが、薬剤を使っても中々効果がないので、出来れば幼虫時代に駆除を行なってしまうのが楽かもしれません。
また、大量に発生していて手におえない場合、発生箇所の枝葉をまとめて剪定してしまうこともご検討ください。

これらを実践して、効率よくカイガラムシ退治をしていきましょう。

カイガラムシの予防方法

カイガラムシを予防するには、まず風通しを良くするのが効果的です。枝が込み入って、人の目の届かない場所はカイガラムシにとって絶好のスペースになりますから定期的に剪定を行なうことがおすすめです。鉢植えやプランターのような小さなものであれば、風通しが良い場所においておくだけでも効果的です。

害虫駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害虫駆除navi

害虫駆除navi

サイト名 害虫駆除navi
URL http://gaityuu-navi.jp/
TEL 0120-949-186
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害虫駆除のあれこれ

ページの先頭へ