害虫駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 害虫駆除あれこれ- ゴキブリを一掃するための対策について

ゴキブリを一掃するための対策について

ゴキブリはとにかくしぶとい

ゴキブリのイメージといえば、多くの方々がイメージするのがその生命力の強さです。多少叩いたり殺虫剤を掛けたくらいでは死なずに、まだ素早く動いてこちらの目から逃れるというのは、中々恐怖感を感じさせます。しかも1匹いれば30匹と昔から言われていますが、実際はそれ以上の数が居るかもしれない、というのも同じく恐怖感を抱くものかもしれません。そんなゴキブリを一掃するためにはどのような対策が必要になるのか、見ていきましょう。

餌を与えない

ゴキブリ対策のためにまず必要なのは、何よりも清掃掃除です。特にゴキブリの餌になりそうなものを室内になくすというのが理想的です。ただ、ゴキブリの餌といっても大変様々なものがあります。例えば私達が普段口にしている野菜や果物、穀物は当然のように餌になりますし、私達の体から出たアカやフケなども食料にするということが分かっています。また、明らかに食べられそうにない石鹸やダンボールまでも、ゴキブリにとっては餌になってしまいます。全てを部屋から無くすのは難しそうなので、ここはまず、簡単な方法を取りましょう。まず、ダンボールなどは全て貯めこまずにこまめに廃棄処分することがおすすめです、また、野菜や果物などは野菜室などにしまっておき、調理後の残渣はビニール袋など密閉できるものに入れて、更にゴミ箱も密閉できるタイプがゴキブリ対策におすすめです。

殺虫剤は定期的に使う

ゴキブリ駆除の代名詞、燻煙型の殺虫剤は部屋中隅々まで殺虫成分を含んだ煙を充満させてゴキブリを駆除するものです。ただ、ゴキブリ用燻煙剤の使い方には少しコツが有り、2週間ほど間を開けてから再び使用するということです。都合2回殺虫剤を焚くことになりますが、これにはきちんとした理由があります。ゴキブリの幼虫や成虫など、すでに卵から孵化しているものには殺虫剤は効くのですが、ゴキブリの卵には殺虫成分が中まで到達しないので、駆除されずに残ってしまいます。結果として、燻煙剤が1回だけだと、卵が孵化して再びそこからゴキブリが増え始めます。2週間ほど間を開ければ、ゴキブリの卵は孵化して幼虫状態のゴキブリになりますから、殺虫成分がきちんと効いて駆除できるというわけです。

業者に依頼する

数ある害虫駆除の中でも、徹底的なゴキブリの駆除を行うのは、実は中々骨が折れます。ゴキブリはごく僅かな隙間からでも侵入してくるので、外部からの侵入を完全にシャットアウトするのは難しいからです。また、人間の住環境に適応しており、駆除し尽くしたと思ってもすぐに再繁殖するというのも珍しいことではありません。そこでおすすめしたいのがゴキブリ駆除を業者に依頼して対応をしてもらうことです。ゴキブリ駆除を行なうプロならではの視点とゴキブリをはじめとする害虫駆除技術で徹底駆除してもらい、継続した管理も依頼すれば、ゴキブリをことごとく追い払い、安心できる環境を手に入れられるかもしれません。

害虫駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害虫駆除navi

害虫駆除navi

サイト名 害虫駆除navi
URL http://gaityuu-navi.jp/
TEL 0120-949-186
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害虫駆除のあれこれ

ページの先頭へ