害虫駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 害虫駆除あれこれ- 柿害虫

柿害虫

冬の果物と言えば柿ですね。冬は春と違い、樹木の色が寂しいものです。その中で、柿の実の暖色系の色は貴重です。そんな柿にも害虫というのはいるわけですが、柿の害虫というのはどのようなものがいるのでしょうか。柿の害虫で一番やっかいなのは、カキノヘタムシガで、6月頃と8月、9月頃に発生します。これは、幼虫が芽や実を食害します。そして、カイガラムシは柿の樹液を吸います。6月頃から発生するイラガの幼虫は、葉を食害します。他にも色々な柿の害虫がいます。では、柿の害虫に対する駆除はどのようにすればよいでしょうか。害虫駆除は基本的に農薬の散布になります。農薬の散布は、虫のライフサイクルに合わせて散布します。そうすれば、効果的に殺虫できて量も最低限ですみます。害虫が生まれる前でも大きくなってからでも、あまり意味がありません。害虫が孵化して小さいうちが一番効果があります。散布する時期を見計らうのが、とても重要です。よく使用される薬剤は、スミチオンやカルホス乳剤です。害虫の中には、触ると赤く腫れて痛みやかゆみを伴うものもいるので、散布する時はゴム手袋や長袖長ズボンの服、帽子などで完全防備で行うことをおすすめします。

害虫駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害虫駆除navi

害虫駆除navi

サイト名 害虫駆除navi
URL http://gaityuu-navi.jp/
TEL 0120-949-186
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害虫駆除のあれこれ

ページの先頭へ